fc2ブログ

初めて「ライオンのつもり」を訪問して下さった方へ

このブログは、保護犬だったワンコの「第2の犬生」を綴ったものです。

2006年12月、保護団体さんのお陰でジルは殺処分を免れました。

獣医さんの診断によると、保護当時推定2才。

6kg超の巨体でしたが、一応「ポメラニアン」ってことでした。

短く刈られたその姿はまるでポン・デ・ライオン!

売れられたケンカは必ず買う!激しい気性はまさにライオン!!

でも本当は、ビビリンボで寂しがりやなワンコでした。

詳しく知りたいと思って下さった方は "ジルについて" からお入り下さい。

「ライオンのつもり」を駆け足で読むなら "総集編" もオススメです♪

「保護犬って何?」と思われた方は "こちら" も読んで下さると嬉しいです。

愛おしい時間

jil_goodbye119.jpg

「もって あと一週間」
そう宣告されてから

まさに坂道を転げ落ちるように
衰弱していくジル

今日が最後かもしれないと
日々カメラのシャッターを切る

でもジルは生きようと頑張ってました
2週間以上も側にいてくれました

時におどけて見せたり
笑ったり微笑んだり

寝たきりでも
オムツ要らず
トイレタイムは、体を支えてあげれば
自分のトイレで済ませてくれました

そして
もう二度と歩けないと思っていたのに
再び力強く立ち上がり
最後のお散歩の時間も作ってくれました

ありがとう
ジル

今年の夏も暑いよ

jil_goodbye121.jpg
jil_goodbye120.jpg
pagetop

Comments

ジルちゃんは
ママさんの事を
きっとラクにしてくれだね
オムツ要らずで
自分で歩くのは本当は
辛いけどママさんの事を
ラクにするために
自分のアンヨでおトイレも
行ってたんだよね。
お散歩も行けたって
ママさんと少しでも
一緒にいたくて
頑張ってたんでしょうね。

ジルちゃん頑張ったね
今年の夏猛暑だよって
教えてあげたいですね。

e-196ビリーママ♪ さんへ

お水が飲みたいよ、トイレにいきたいよ、
キモチワルイ、イタイ・・

ジルからの SOSがだんだん増えてきて
だんだん間隔も短くなってきて

そしてついに
もう頑張らなくていいんだよって
言ってしまうのです
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
pagetop
Profile

JIL.de.lion

Author:JIL.de.lion
基本、グータラ・ダメダメ主婦。
時々、デザイナー
たまに、保護犬の運び屋さん。

Jil【ジル】:Pomeranian ♂
約7kgもあるデカポメくん。
ケンカっぱやいくせにビビリンボ。
殺処分を免れた強運が自慢。
アトリエ・シシの看板犬。
2020年8月19日、新たな冒険の旅へ。

Thanks!
訪問してくださって
ありがとうございます!

Search
Categories
Recent Articles
Comments
Archives
Links