fc2ブログ

初めて「ライオンのつもり」を訪問して下さった方へ

このブログは、保護犬だったワンコの「第2の犬生」を綴ったものです。

2006年12月、保護団体さんのお陰でジルは殺処分を免れました。

獣医さんの診断によると、保護当時推定2才。

6kg超の巨体でしたが、一応「ポメラニアン」ってことでした。

短く刈られたその姿はまるでポン・デ・ライオン!

売れられたケンカは必ず買う!激しい気性はまさにライオン!!

でも本当は、ビビリンボで寂しがりやなワンコでした。

詳しく知りたいと思って下さった方は "ジルについて" からお入り下さい。

「ライオンのつもり」を駆け足で読むなら "総集編" もオススメです♪

「保護犬って何?」と思われた方は "こちら" も読んで下さると嬉しいです。

あと いっしゅうかん?!

余命2~3か月と言われた
そのわずか4日後

ジルの容態は急変し
後ろ足に力が入らなくなってしまい
立ち上がることができなくなってしまった

慌てて病院へ

そして
もって あと一週間だと宣告される

たった4日で
ジルのお腹の腫瘍は
もう脾臓も見えなくなるほど肥大化

先生も絶句するほどの
進行の早さ

なぜ?どうして?
いっしゅうかんだなんて

パニックに陥った私に
見送り経験者の友人から

「泣くことは あとからいくらでもできるから
今はジルちゃんのそばにいて、しっかりおくってあげてね」

そう言われてハッとする

そうだ
泣いてる場合ではない

残された時間
少しでもジルが快適に過ごせるように
どんなサインも見逃さないように

ずっとそばにいるから
大丈夫だよって
そしてジルのこと大好きだよって
伝え続けなきゃ

この日から付きっきりの介護&看病がはじまる

ジルのそばで寝起きして
薬、点滴、チックン、床擦れのケア

ジル父が作ってくれた
犬用の経口補水液は 命の水

ジルの時間が駆け足で過ぎて行く

jil_goodbye118.jpg

***
しんどい話を連投してしまってごめんなさい
辛すぎて向き合えなかった最期の時間
ここをきちんと見つめないと
次に進めない気がして…
pagetop

Comments

進行の早さにびっくりしました。
先生もびっくりするってことは
先生もわからなかったのかな?
ママさんはパニックなっちゃいますよね
ジルちゃん急に起き上がれないよ~って
辛かったんだね。
痛かったんだろうなあ~
進行の早さにジルちゃんが
一番びっくりしてるよね。
ママさんも看病も大変だったね
体力使うし本当にママさんも
頑張ったと思うよ

e-196ビリーママ♪ さんへ

先生も、「こんなに急激に悪化する肉腫は見たことがない」と言っていました。
少しでも食べる気になるようにと
赤身のステーキやら、サーモンやら
食べられるだけあげていたのですが
「肉腫が栄養を全部持っていっちゃった」
可能性があるそうです。
それを聞いてますます悔しくなりました。

たまたま仕事があまり忙しくない時期が重なったのと
理解のあるお客様のおかげで
本当にべったり付き添って
ジルと濃密な時間を過ごすことができました
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
pagetop
Profile

JIL.de.lion

Author:JIL.de.lion
基本、グータラ・ダメダメ主婦。
時々、デザイナー
たまに、保護犬の運び屋さん。

Jil【ジル】:Pomeranian ♂
約7kgもあるデカポメくん。
ケンカっぱやいくせにビビリンボ。
殺処分を免れた強運が自慢。
アトリエ・シシの看板犬。
2020年8月19日、新たな冒険の旅へ。

Thanks!
訪問してくださって
ありがとうございます!

Search
Categories
Recent Articles
Comments
Archives
Links